【お知らせ❗️】20,000字越えのwebライティング基礎講座作りました!

世界一ワクワクするリーダーの教科書を解説【ワクワクは最強】

こんにちは、じゅんです。

今回は「世界一ワクワクするリーダーの教科書」という本を解説していきます。

 

この本では

  • 「どうすれば、結果が出せるリーダーになるのか?」
  • 「どうやれば信頼されるリーダーになれるのか?」

について書かれています。

 

実際の事例を交えたり途中でワークシートがあったりしていて読みやすかったです。

何より、面白かったのが作者のテンションです。

思わずぷって吹き出してしまうぐらいのテンションの高さでした。

 

そんな楽しみながら読める「世界一ワクワクするリーダーの教科書」を解説していきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆世界一ワクワクするリーダーの教科書 / 大嶋啓介/著 / きずな出版
価格:1650円(税込、送料別) (2020/8/18時点)

楽天で購入

 

結論、究極のリーダーになるたった1つの方法は?

結論いうとワクワクしているかどうかです。

リーダーがワクワクしているかどうかで結果が出るかどうかが決まるといいます。

 

この本によれば、リーダーがどんな事をしたのかは問題ないと書かれています。

どんな事をしたかではなく、いかにワクワクしていたかで結果が出るといいます。

 

それも、成功したからワクワクしたのではなく

ワクワクしていたから成功できたのです。

逆に言えば、ワクワクしていないリーダーはそれだけで失敗します。

 

なぜ、ワクワクがこんなにも結果が変わるのか?

 

例えば、気分屋でいつも機嫌が悪い上司をイメージしてみてください。

そんな職場で毎日、働いてたらどうなるでしょう?

 

「上司に怒られないようにしなきゃ・・」

と思いビクビクしながら仕事をすることになります。

そんな環境で仕事していて生産性や効率性が上がると思うのでしょうか?

 

逆に、上司が気さくな人で常に機嫌がいい人だったらどうなるでしょう。

気軽に相談することができて、テキパキと仕事がしやすそうですよね。

 

つまり、上の人の機嫌が良いか悪いかだけで

業績はだいぶ変わるのです。

 

常にワクワクした状態である人は

不機嫌になんかなりませんし人望もあついです。

なのでリーダーにはワクワクしている状態が必須なのです。

ワクワクは周りにも影響を与える

 

ワクワクした状態であることは周りにも影響を与えます。

例えば、上司としてではなく親としてでもです。

 

子供がまだ幼稚園生ぐらいだとしましょう。

あなたは眠そうな目をこすりながら起きていて嫌々会社に行きます。

そして、疲れた表情を浮かべながら家に帰ってきます。

今日起きた嫌なことをぐちぐち言いながら食事を取ります。

 

そんな光景を見た、子供はどう思うでしょうか?

  • 「お父さん、大変そう・・」
  • 「大人になることはつらいことなんだ・・」

とイメージしてしまいそうです。

 

実際に中学生にとったアンケートで

「夢はありますか?」と質問したところ9割の生徒が「ない」と答えたそうです。

 

理由を尋ねると

「お父さんいつも疲れた表情で帰ってくるから」

とほとんどの生徒は答えました。

 

つまり、自分が疲れた表情を浮かべたことによって

子供にも影響を与えてしまっているのです。

 

これが逆だったらどうでしょう?

 

  • 毎日、ワクワクして楽しそうに出社
  • 今日も仕事楽しかった!と笑顔で帰宅

そんな父親を見たら子供は将来に憧れを抱くことでしょう。

 

親はその家族のリーダーでもあります。

親がワクワクしているか、つらそうにしているかで子供の将来は決まっていってしまうのです。

夢を叶えたいならワクワクすることをしろ

 

夢を叶えてる人はみんなワクワクしています。

俗にいう成功者の人たちの写真をみるとほとんど笑っています。

 

成功者はどんな状況になっても、ワクワクすることを忘れていないのです。

それは、成功する前も成功した後も同じです。

ワクワクするだけで命を救える?

これは実話なのですが、

ガンを持つある女性が病院でこう宣告されました。

「あなたの余命はあと3ヶ月です」

 

彼女はその言葉に絶望しました。

でも、悩み続けた結果彼女は最終的に

「どうせ最後なら、最後まで好きなことで楽しもう!」

と考えやりたかった歌を始めました。

 

ガンを治療を行いながら、彼女は楽しそうに歌を歌いました。

すると、なんといつの間にかガンが消えていったのです。

 

でも、その後再び彼女にガンが再発します。

ここでも彼女は「楽しくワクワクすることをしよう!」と決めます。

そして海辺で暮らしたいという願いを彼女は叶えました。

 

そこで、海で泳いだりと自分がワクワクすることはどんどんチャレンジしました。

するとなんとまたガンが消えていったのです。

 

そこで彼女は気づきました。

「今までは頑張るが正しいと思ったけど違かった。一番は楽しむことなんだって」

そして彼女はたくさん遊んで今も元気に暮らしています。

 

どうでしょうか?この話。

信じがたい話ですが、スゴイことですよね。

 

だって遊ぶだけでガンがなくなってしまうのですから。

でも実際楽しむっていうのはとてつもないパワーを持っていると思います。

 

ワクワクするとなんでもできそうな気がしませんか?

そう、そのなんでも出来そうな感覚が命をも繋いでくれるのです。

なのでワクワクはめっちゃすごいパワーを持っているのです。

まとめ

まとめ
  • ワクワクしているかいないかでリーダーの実力は決まる
  • ワクワクは周りにも影響を与える
  • ワクワクで命をも救える

まとめるとこんな感じです。

 

この本を読んで僕は、

自分はまだまだワクワクが足りてないなと実感しました。

 

まだどこか、周りを気にしてしまうところがあって

楽しもうとしてもなかなか100%楽しめてない自分がいました。

 

この本を読んでからはもう周りを気にせず

自分のやりたいこと、ワクワクすることにどんどんチャレンジしようと思いました。

あなたもぜひやりたいことをやりましょう!

 

ということで今回は「世界一ワクワクするリーダーの教科書」という本を解説しました。

もし実際に読んでみたい方は↓からどうぞ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆世界一ワクワクするリーダーの教科書 / 大嶋啓介/著 / きずな出版
価格:1650円(税込、送料別) (2020/8/18時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。