【お知らせ❗️】20,000字越えのwebライティング基礎講座作りました!

上司から言われたことに疑問。働くって辛いものなの?

こんにちは、じゅんです。

僕はIT企業で働いている会社員なのですがつい先日、上司と面談をしました。

 

その面談の内容があまりにも疑問が残ったので記事にします。

  • 「今、会社員として働いている方」
  • 「会社員で疲れ切っている方」

にはぜひ読んでいただきたい内容です。

そして、「会社員として働くのはこの先どうなのか?」を改めて考えるきっかけになればと思います。

残業、休日出勤続きで僕は体調を崩した

 

僕はIT業界のいわゆるシステムエンジニアとして働いています。

仕事は、実際にお客様先の会社に派遣されて技術を提供するビジネスとなっています。

 

僕は、その客先でいつも通り働いていました。

しかし、日に日に僕の労働環境はどんどん悪くなっていきました。

  • 休日出勤当たり前
  • 残業ばかりで終電ギリギリで帰る
  • 上司からは毎日注意される日々

そんな環境になっていました。

 

最初はどうにかやっていけたのですが

ある日、体調を崩してしまい休むことになりました。

 

すぐさま病院にいって診てもらうと

疲労やストレスによるものではないかと診断されました。

僕は「マジかよ・・」とビックリしました。

 

そこから3、4日間は休息のため休みをもらいました。

でもいくら休んでも僕の心が落ち着くことはありませんでした。

なぜなら、休みが明けたら再びきつい労働環境で働くことになるからです。

 

そう考えると、休むに休めませんでした。

上司と部長と面談をすることに

 

結局、休みが明けてしまい僕はいつも通り会社に出勤することに。

すると、上司の人から連絡が入り

「明日の午前中に面談するから空けといて」

と言われました。

 

じゅん
まぁ具合が悪くなって4日ぐらい休んだんだから、上司としても心配になるのは当然か。

という風に思っていました。

 

面談当日。

待ち合わせ場所に、5分前に着いて僕は上司を待っていました。

すると窓越しに上司が来ているのが見えました。

 

その横には、なんと部長もいました。

「部長もいるのかよ。余計緊張するじゃん・・」

という気持ちを顔に出さず、軽く挨拶し面談が始まりました。

上司の言葉に思わずガッカリ

 

僕はありのままに、長時間労働や休日出勤がきついことを打ち明けました。

上司と部長はうなずきながら僕の話を聞いてくれました。

 

僕の話が終わると、上司が一言。

「でも、まぁ会社員ってそんなもんだよ。僕だって君ぐらいの時は毎日終電帰りだったよ笑」

笑えませんでした。

 

続けて部長も

「会社員は辛いのが当たり前なの。僕だって毎日残業してるよ。」

と言いました。

 

ガッカリしました。

会社員は奴隷なんだよと言っているような感じがしました。

 

これがもし「働くってのは本来楽しいもんなんだよ。君も慣れてくれば分かるようになる。」

という明るいことを言ってくれたら僕も頑張ろう!という気持ちになれたのかもしれません。

 

でも、上司たちは違いました。

  • 「残業とか休日出勤は当たり前だ!」
  • 「会社員はガマンしてこそ価値がある」

というような価値観を僕に押し付けてきたのです。

 

面談が終わってからも僕の気持ちはモヤモヤでいっぱいでした。

長時間労働や休日出勤が続けば

  • 友達や彼女とも会うことができない・・
  • お金があっても旅行になんかいけない・・

そう考えるようになり

 

「俺はなんのために働いているんだ?」

と考えるようになりました。

このままこの会社にいては危険と感じた僕

 

上司との面談で気づいたことが1つ。

それは、上司は僕のことなど対して気にしていないということです。

 

上司の話を振り返ると

  • 「これ以上休まれると会社の信用が」
  • 「もうちょい自覚を持ってやってよ」

と会社の利益のことだけを考えているように思えました。

 

会社の利益というのか自分の利益ですね。

自分がいい給料をもらうために、評判を落とすまいと僕に休むなと強要する。

 

確かに、そうすれば評判も落ちることなく自分にも会社の利益にもなるので

会社の社員としては立派だと思います。

 

でも、僕は自分自身を全く見てくれないことがショックだった。

そんな会社からはさっさと逃げよう。

そう決意しました。

最悪、クビになってもいい

 

僕はこの出来事からちょいちょい会社を休むようになりました。

その休んだ日には、ネットビジネスで副業をしています。

 

僕の会社は副業が禁止みたいですが僕はバレてもいいと思っています。

最悪、クビでも全然痛くありません。

なぜなら、副業によって稼げるスキルを持っているから。

 

むしろクビになったプレッシャーでより一層副業に力を入れられると思っています。

なので、会社のことなんか考えず自分のために今行動しています。

 

副業である程度の収入を稼ぐようになり

自分にとっての理想なライフスタイルを作っていきたいと思っています。

いや、作ってやります。

 

  • 好きな日、好きな時間に働く
  • 友達、彼女といつでも会える
  • 休みたいときに休んで旅行に行く

そんなライフスタイルを僕は作っていくために今日も行動します。

 

ということで今回は僕が上司との面談で感じたことをリアルに書いてみました。

 

もし同じように会社に不満を抱えている方がいれば

その人が変わるきっかけになれば嬉しいです。