【お知らせ❗️】20,000字越えのwebライティング基礎講座作りました!

当てはまったらブラック企業と判断しよう!ブラック企業の特徴7選

こんにちは!じゅんです。

今回はブラック企業の特徴を7つ紹介していきます。

 

なぜこの話をするかというと

  • 「自分の今の会社ってブラックなのかな?」
  • 「そもそもどのくらいがブラック企業って言えるの?」

と疑問に思う方が多いからです。

 

なので、この記事を最後まで読んでいただければ

  • 自分の会社がブラック企業か判断できる
  • ブラック企業に入ってしまったときの対処法がわかる

ようになります。

ブラック企業と判断できる7つの特徴

残業代がでない

毎日、残業しているのに給与明細には残業代が支給されていない。

これは完全にアウトです。

 

そもそも社員が残業したら、残業代を支給するのは会社の義務です。

ですが裁量労働制といった特殊なルールもあるので、そこはご自身の会社を確認してみてください。

 

残業代は1分単位で支給されるのがルールです。

なのであなたの会社が1時間単位や30分単位で支給されていたら、その会社はブラック企業に近いです。

 

僕の会社は30分単位で支給されていました。

ですが定時から1時間の間は休憩という扱いで残業代がもらえませんでした。

普通にアウトですね。

 

ということで

  • 残業がでない
  • 残業代が1時間や2時間単位

とかの会社はブラック企業の可能性が高いと判断できます。

パワハラ、セクハラが横行している

毎日、上司が部下を怒鳴りまくっている。

女性の体をさわったりしてセクハラするのは日常茶飯事。

 

そんな会社は迷わずブラック企業です。

もはやセクハラなんて犯罪ですからね。

 

そんな会社はさっさと辞めるべきです。

パワハラを受け続けると、自分の精神状態も壊してしまいます。

  • 「自分はできない人間なんだ・・」

とどんどんネガティブな考え方になってしまい最悪うつ病になります。

 

そうなってしまえば、治すために治療代などお金も時間もムダにしてしまうことに。

なので自分の身を守るためにも

パワハラやセクハラがある会社は身を引くべきです。

長時間労働が当たり前

終電帰りが当たり前になっていませんか?

普通にその会社はブラック企業と判断しましょう。

 

なかには終電でも帰れずに

タクシーで帰ったり、朝までネカフェで過ごしたりという人もいます。

 

そんな会社にいつまでもいては体も心もボロボロになります。

なので、長時間労働が続くようでしたらブラック企業と判断しましょう。

給料が低い

給料が低いというのもブラック企業の特徴です。

正社員で働いているのに、手取りが15万円とかはヤバいです。

 

確実に社員を奴隷として扱っている証拠です。

 

しかもそういった企業に限って長時間労働をさせられます。

正社員であれば、大卒の新卒でも20万前後はもらえます。

 

ということでもらえる給料が低いならブラック企業の可能性を疑いましょう。

休日が少ない、あるいはない

採用情報では、完全週休2日制と書かれているのに休みがない。

完全にブラック企業です。

 

そもそも労働基準法では、毎週1日以上の休みを与えなければいけないルールになっています。

それなのに、14連勤とか1ヶ月休みなしとかの会社がたくさんあります。

普通に法律違反です。

 

僕の周りでは、2ヶ月休みなしで働いてる人がいました。

 

心配でちょくちょく連絡をしていたのですが

連絡するたびに

「もうきつい、逃げたい・・」

と口にして精神が壊れる寸前の状態でした。

 

結局その人は、仮病を装って

2.3日休みをもらって人事部に労働環境を相談したみたいです。

 

このように休みが取れないと体力面でも精神面でも壊してしまうので

早めに辞めることを決断しましょう。

有給休暇が取得できない

有給は自分の好きな日で取れるのが普通のはずです。

繁忙期とかは避けるべきですが。

繁忙期以外で、自分がその日いなくても支障がない日に有給を取ろうとして断られたらアウトです。

 

有給は社員の権利です。

上司が有給を取る理由を聞かれたり、

有給をとらせないと言われる筋合いはありません。

 

最近では、どの会社も1年で有給を5日以上取得するのが義務化されるようになりました。

そのおかげでだいぶ有給を使うハードルが下がりましたが、まだまだ完璧ではないです。

なので、普通に有給をとらせてもらえないのならブラック企業と判断しましょう。

副業が禁止されている

今の時代、副業が禁止の会社はブラック企業と言っていいです。

なぜならこれからの時代は、多様性が求められるからです。

機械やAIの発達でほとんどの会社はいらないものになっていくでしょう。

 

そんな時、会社しか収入を得ていない人は給料はその日からゼロです。

しかし、副業をしておけばある程度のお金は確保することができますしスキルもつきます。

 

そんな世の中になっていくのに

副業が禁止の会社は世間知らずといっていいでしょう。

 

もしかしたら、会社に依存させていつまでも働く奴隷を作り出そうとしているのかもしれません。

なので、副業が禁止されている会社はブラック企業と判断していいと思います。

どれか1つでも当てはまれば、ブラック企業と判断しよう

1つでも当てはまったのなら

あなたの会社はブラック企業と判断しましょう。

 

大事なのは周りと比べないことです。

「友達はもっと長時間労働してるから自分なんてまだマシな方・・」

 

なんて言ってるといつまでもその会社に依存してしまいます。

自分目線でブラック企業か判断しましょう。

そんなブラック企業は今すぐ辞める判断が大切

ブラック企業にいつまでも勤めている限り

あなたが成長することもスキルが身につくこともありません。

 

得られるのは

  • ストレス
  • 病気

ぐらいです。

 

精神的に病んでしまって病気にかかってしまうと、治療代がかかるのでむしろマイナスですね。

 

ぜひ、勇気を出して

そんな会社から脱出することを考えてください。

会社を辞めても生きることはできますよ

「今の会社やめたら経歴に傷がついて人生終わり」

と思われる方もいますがそんなことはありません。

働き方はたくさんありますよ。

 

ここでは、他の働き方3つを紹介します。

転職してもっと働きやすい環境を探す

身近なのは転職ですね。

転職できれば、今いる環境から抜け出すこともできますし上手くいけば、給料もアップできます。

 

「もう一度就活みたいなことやるなんてイヤだなー」

と思われますが、今いるブラックな環境から抜け出せると考えれば楽な方です。

アルバイトで最低限生活できるレベルだけ稼ぐ

僕は今の時代、アルバイトで生きていくのも全然アリだと思います。

 

今のアルバイトはどんどん最低賃金が上がっていて

本気を出せば正社員以上の給料が稼げます。

しかも、アルバイトって重い責任がないので気持ちが楽です。

 

ブラック企業で疲れきった心を治すためにも

何年かはアルバイトで生計をたてるのもいいと思います。

フリーランスで起業をして自分スタイルで仕事をする

思い切ってフリーランスで起業するのもOKです。

フリーランスのいいところは

  • 働く場所、時間
  • 休日
  • 人間関係

を全て自分で決めることができます。

そしてやればやるほどお金が稼げるところです。

 

フリーランスなら会社のような

  • 通勤電車
  • イヤな上司

が一切なくなります。

会社員から見ればめっちゃ理想的な働き方がこのフリーランスです。

 

もちろん、フリーランスで稼いでいくにはある程度のスキルが必要です。

ですが、それは勉強すればいいだけなので誰でもできます。

ちなみに僕はそんなフリーランスで稼ぐためのスキルを身につける方法を紹介しているので興味ある方はぜひどうぞ!↓

【無料LINE】年収240万アップさせて人生逆転のスキルを身につける方法

1つの会社より1人しかいない自分を大切に

泣いても笑っても人生は一度きりです。

そんな人生を楽しいものにするか、辛いものにするかは全てあなたの行動次第です。

 

この記事を読んでくれたあなたには

ぜひ人生を楽しいものにしていただきたいです。

会社を辞めても生きていく道はたくさんある。

 

そのことをよく覚えていてくださいね。

 

ということで今回はブラック企業の特徴と対処法について紹介しました。